こんにちは!

先日の萬田屋書店ステーションチャレンジ後にマシンをメンテナンスしていたら気付いた・・・

IMG_roh9uu

右前のバンパーに亀裂・クラックが入ってる・・・
強化シャーシレッドだと白色化するのですぐわかるね・・・

シャーシの一部を利用してATバンパーを組んでいたんですがクラッシュの際にビス回りに大きな力がかかったようで割れちゃいました。

今回はバンパーの割れも見つかったので思い切ってバンパーを切り取りバンパーレス化させていこうと思います。



電池落とし加工&底面の平滑加工

レースではノーマルシャーシで出場していましたが、今回のクラック個所の切り落としも含めて大きく加工していきます。

以前にも2台やっていますがまずは電池落とし加工を施します。
DSC_2596
加工途中の写真。
電池落としの低重心化ももちろん大事ですが。。。

何より電池が外しにくくてしょうがない!!

電池交換のストレスがすごくて、これが一番の理由ですねw
電池落としの加工は依然として同じですが、残す個所を変えてみます。
凸から凹へ変更。

あとは芝コースの設置も多くなってきたので底面の平滑加工もしておきます。
これはスイッチを取り付けた状態でやすりに擦りつけて裏側の出っ張りを処理するだけです。


バンパーレス加工

バンパーレスにするためにまずはシャーシをどのくらい削るかの目星をつけます。

DSC_2594

弓プレートを使用する予定なのであらかじめ当てがって線を引いておくと間違えなくていいですね!
ピッタリと合わせて削っていきましょう。
DSC_2597

こまめに何度も当てて写真のようにきっちり納まるところに納めます。
こいつに隙間ができると、AT可動した際にマイナススラスト防止策が取れなくなるので不安です。。



今度はバンパーの下部の加工です。

MAシャーシには傾斜がついているのでそのままバンパーを乗せるとスラストが逆にかかってしまいますのでバンパー取り付け部をまっすぐに仕上げないとダメっす。



そこで登場するのがこの「両面ダイヤモンド砥石」です!
DSC_2595

削る際にはFRPなどである程度固定してキワ出しするといいと思います。

フロントもそうですがこの治具を使えばリアもまっすぐ彫り上げられますよね。

DSC_2602

結局このあたりまで掘りました。

DSC_2603

何かの顔見たい・w・


あとは微調整していきます。

DSC_2604

バンクスルー出来ないと意味がないのでバンパーの高さはそこで相談です!
スロープで先が当たるのが嫌なのでギリギリまで調整を繰り返しました。

どうしても先が当たるので更に後ろに下げないと行けなくなったのでやり直し・・・汗

最終的にはここまで下げました。
フロントは今回いっぱいいっぱいに詰めたかったのでこれで満足す。
DSC_2614
MAのフロントバンパーは初めて作ったので試行錯誤するために最初はFRPで製作してます。

このあと確実に機能することを確認してカーボン化することにしましたよ~

DSC_2613

カーボン化するときに間の部分にFRPで蓋をしておきます。
ブレーキを貼る場所に制限を設けたくないのと、ギアがむき出しになるのを防ぐためです。
シャーシの彫り上げが進むとギアが出てくるのですが、これに対策をしないとレギュレーション違反になる可能性がありますので注意しましょう。



DSC_2615
完成!!

カーボンでもうまく出来ました。
ただ初めて作業したのでちょっと寸法間違えたところがあり・・・後程修正しますw


地面と平行に彫り上げたためバンパーがまっすぐ。
なのでこれにスラスト角を入れるために、角度調整プレートを自作します。


DSC_2618

再び登場した両面ダイヤモンド砥石さん。
これで角度をつけるためのプレートを製作します。

メルカリなどではすでに角度つけたものが安価で売ってますが買うか作るはあまり差がない気がします。
手作業の自作で精度は難しいのは事実なのでw

小一時間眺めながら作業するとこんなかんじで仕上がります。
あとはちょうどいい長さに切って取り付け。

DSC_2617

時間さえかければこんな感じで作れます。
これをバンパーに挟み込んで角度調節することが出来ますっ!

最後にユニットにステッカーチューンして仕上げ!

DSC_2645

ドラゴンがかっこいい!
まさかここでシャオパイロンのステッカーが活躍するとはなぁw

DSC_2643
シャーシとバンパーの間に1mmほど隙間があるのが見えますかね?
ここが寸法間違えたところなのでのちほどベースプレートを作り直します・・・

というわけで一応バンパーレス化が完成しました!


バンパーレスのやり方は実際のマシンに合わせて行う加工なので人それぞれですがある程度こんな感じの作業になると思います。

この新シャーシで次のレースは勝ちに行きます。

ではまた!