こんにちは!

今日はブレーキセッティングに不可欠なブレーキスポンジの加工について書いていきます。

バンパーレス加工してからブレーキにはかなり悩まされております・・・。
どうにかして傾斜を簡単につける方法はないかを探していたんですがよい方法が見つかりました!



魔法の治具「丁番」

その方法とは。

「丁番」です。
聞いたことありますか?
DSC_2598
このようにして丁番にスポンジを乗せて挟みこめば傾斜スポンジの完成です!
しかも毎回同じ精度でできるのが素晴らしい。

やり方はライター(ジェット推奨)で炙って挟むだけです。
DSC_2599
挟み込んでみると、こんな感じで傾斜がつけられます。



更に一工夫してみます!

最近ブレーキスポンジに模様をつけて様々な効果を狙ったものを目にします。
讃岐ブレーキとかいろいろあるみたいですね。

今回は何か模様をつけてみようということで百均で探してきたのがこれ。

DSC_2621


しゃもじ!w

このイボイボをつけていきたいんです。
DSC_2622
湾曲したものが多いので出来るだけまっすぐにできるものを買ってきました。
先をのこでカットして同じように熱して挟み込んでみます。


DSC_2623


出来た!
早速貼り付けてみます。

DSC_2624

こんな感じ!
なかなかいいですね。


効果のほどは・・・

同じ面積でブレーキを貼ってもボコボコの部分があり接地面積が減るのでブレーキが弱くなりました。
ただ、ごみを拾っても詰まりにくくなったのはよかったです。

ピンクで強すぎる!というときの調整には最適かもしれないですね~


他にも縦溝を入れてスタッドレスタイヤの要領でブレーキを長くかける方法もあるらしい。
まだ謎が多いブレーキは試行錯誤ですね。


というわけでお試しあれ。
ではまた!