こんちゃ!

今日からFM-Aを組んでいきたいと思います!
とはいえシステム関係は正転VZから移植していきます。

まずは乗せ換えするだけで試走してみたいと思います。

DSC_3768

すでにTAREKAにしてたガンブラスターXTOさんは解体済み。
ここからバンパーなどを付け替えしていきます。



試作マシンは意外にも簡単に出来た。

とりあえずは試作マシンが完成。

DSC_3776

ほんとにほぼポン付け。
正転からFMシャーシへの移植なのでモーター部だけ避けながら提灯だけ加工しました。
とはいえこれもFRP製なのでまたバージョンアップしていく予定。

ボディもないんですがとりまこれで試走。
セッティング、タイヤ、などなど問題点を書いていきます。



問題点の洗い出し

まずバンパーをポン付けしたんですがバンパー位置が割と低い。
タイヤ径を24mmで走らせたんですが常にバンパーが擦ってる感じ・・・。
これはマズい状況。。。

なのでいったん部屋に持ち帰り対策を練ります。

DSC_3781

タイヤ径を大径ナローペラの25.5mmにUPしてもまだがっちり擦る・・・汗
なので、フロントバンパーを短く後ろに下げることにした。

バンパーカット自体もやり直して5mm後ろに下げる。
加えてブレーキプレートも下げてしまいます。


これの調整が非常にむずかしいいいいいいいい

DSC_3783

バンパーのカット形状が丸くなっているのは弓のカーブの背面にぴったり合わせてあるためです。

タイヤ径下げたときにバンパーが擦るのは気にしない人もいると思いますが自分は結構気にするタイプ。
3レーンとはいえ継ぎ目などでイレギュラーに引っかかるのが嫌だし、ブレーキ貼ったときにタイヤが浮いてる時間を出来るだけ減らしたいと思っている人なので。

それにここに余裕ないとブレーキ調整もシビアになってしまうので出来れば加工して作りこんでおきたいんすよね。
耐久性とか含めて扱いずらい1mmブレーキとかは俺は貼りたくないっすw



バンパーを下げる加工が終了。
今のところタイヤ径は25.5mmをチョイス。

DSC_3784

走ってみた感じはよくなったんだけど、加速力というか機敏さがまだ好みの走りではないなぁ。
ハイパーダッシュでのテスト走行ではあるんだけどタイヤ径は出来れば24.5mmでクイックな性能にしていきたいんです。
タイヤ選択はまた再度いじってみよう。

駆動系についてはいつも通りのクラウンの背面を抑えるやり方。
CM200621-111833001
↑写真はARの。
ベアリングで完全に固定してしまう人もいますし、目的は一緒なのでこれは好みでOK。
要はどの程度クラウンを押し付けるのかということなのであとは調整してみてください。
ただオレンジクラウンにまだ慣れていないのでどの程度の押しつけが具合が良いのか探り中。

オレンジクラウンとピンククラウン&カーボンクラウンの違いはヘリカルギアになっているか否かなんだけど、この辺りは勉強しておいた方がいいと思います。

ここで今一度考えたいキーワード。
オレンジクラウン。

片軸を逆転してFM化しながら自分がメチャクチャ気にしてた部分ではあるのですが、FM-Aはそれが純正の状態でクリアできます。
自分にとってはこれだけでもFM-Aやる価値があるくらいの超重要事項です。
なのでこのクラウンの調整は何が何でもモノにしたいところです。

試走してバンパー問題はあったものの基本的なところもまだできてません・・・
「LC入らない問題」
LC入らない・・・これは致命的・・・
今後はさらにセッティングも詰めていきます!

ではまた!