こんちゃ(。・ω・)ノ

FM-Aやりはじめて悩んでいたひとつのこと。

それが…
ブレーキが余裕無さすぎる。。。

フロントバンパーを基準位置でつけるとめっちゃ低いんですわ。
これのせいでブレーキセッティングの幅が制限されてかなりキツイ。

強めにかけようとして位置を数ミリでもミスるとバンクスルーしませんw

前回の能代のミニ四駆大会でもフロント部分に十分なブレーキをかけられずリアブレーキを強くしたのもあって姿勢がめちゃくちゃになりました。。

VZシャーシは案外下に余裕があるシャーシでしたが、FM-Aは大径でも履くか?と思うくらい下に余裕がないです。

とはいえ今までで一番シャーシ下部に余裕がなかったのはARですけどもw

ということで今回はどうにかしてフロントバンパーを一段上げて取り付けられる仕様を考えて見ました。


一段上げる難しさ…

まずはフロントを一段上げる算段を考えます。
シャーシを削り上げてバンパー位置を上げるという方法もありますが、毎回作業するの本当に嫌なんですよねw


なので目標としては「シャーシ加工は最低限で」です。
作業が繁雑になればなるほど、のちほど漏れなく億劫になるので事前にしっかり考えます。

一応頭のなかではカーボンプレート一枚分、つまり1.5mm上がればOKだと思うのでそこを目安にしました。

現在の構造が
シャーシ
バンパーステー
ブレーキステー
の順番で止まっていたのでバンパーとブレーキステーを一体化して一枚分上げます。

ここから作業が難航します。。。

どのくらいシャーシを削れば一番効率的に次回のシャーシ交換がスムーズにいくのか、加工が複雑にならないかを吟味。
DSC_3942
結局この日はばらして考えてこのまま終了w
こういう時良くあるんですよね。

でも詰まったら一度離れるのも頭スッキリして良いと思います。


翌朝、段上げ完成!

朝起きてある程度考えがまとまったので作業開始。
寝るとやっぱ冴えますね!

DSC_3943

新バンパー取り付けとともにローラーステーも変更してみました。

以前の前後ローラーベースより約10mm前へ。
今回はタイヤから離して前にベース長を稼ぐ狙いです。

タイヤに近い最近MSフレキでよくみられるコンパクトなローラーセッティングだとコーナー突っ込みは強いんですが他で損してる気がするので。
片軸の強みを活かすのに必要とあらば、常に俺は実験するのだ(*`・ω・)ゞ


気になる段上げ下部はこんな感じ。
DSC_3944

ブレーキステーの上に、シャーシを避けるようにバンパーを切り抜いて上手い具合に乗せました。

またブレーキステーは角度がいまいちだったので削り直して角度も寝せておいたっす。

バンク、スロープと合わせた感じも良いですね。
これでだいぶブレーキ効かせられる!

今までは車高や前方へ余裕がなかったので非常にキツかったスペースもゆとりをもって2mmブレーキが貼れそうです。


FM-AもAR同様24mm以下のタイヤ径でシャーシ高が怪しくなるんですがこの加工さえ出来れば常時中径タイヤでも走れそうですね。

切れのある走り、期待します! 


ではまた!