(。・ω・)ノ゙ コンチャ

先日魔改造したポータブルピットですがこのボックスに収まる充電器を探してきました!

たまたま友人が紹介してくれてたものだったんですが大きさもコンパクトで今回の目的にマッチしたので購入!


IMG_20210206_094520_197


はぁ!?安っwww
1399円。。。
これでミニ四駆に使える充電器だったらみんなこれ買うな。

仕様はこんな感じ。

IMG_20210207_114225_404
ミニ四駆に使うと考えると2本か4本充電なので
2本の場合⇒1800mA
4本の場合⇒900mA
での稼働となります。

使い方としてはやっぱ現地での継ぎ足し充電になると思うのですが電圧表示も何も無いので一応電圧チェックだけはなにか考えないといけないかも。

合わせてモバイルバッテリーも購入。


IMG_20210206_094534_593


モバイルバッテリー側の必要スペックが2.1A出力なのでそこだけはチェックしておきましょう。

あと今回はLIPO、つまりリチウムポリマーですが扱いが雑に出来ないので電池の種類で選んでもいいかも知れません。
落下や破損させると激しく反応するタイプのバッテリーだとあんまり交通機関とかで持ち歩きたくないんですよね。
リチウムイオンも同じか…
適度に知識を持って扱いを気をつけたいですね。

DSC_5463

充電器の重量はUSBケーブル込で76gほどでたぶんミニ四駆用途の充電器としては最軽量です。

DSC_5462
マイクロUSB タイプBなのでちょい不安な強度です。

電池セットするとオレンジ
緑点滅が充電中
緑点灯で充電完了です。

DSC_5465
今回は一緒に買ったモバイルバッテリーで2.1A出力、25800mA容量のリチウムイオンバッテリーを使用しました。



で、気になる使用感ですが、1番気になったのは熱ですね。

2本充電時の1800mAですが満充電時、やや熱が入りました。
ニッケル水素電池は余分な電気を熱に変える性質があるのでしっかり入っている証拠ではあります。

またタイムアタックなどの時には冷たい状態よりそこそこ暖かい方が良かったりするのもあるので使い方次第かなと思いました。

LED緑点灯の満充電時で電圧計測したらきっちり1.55Vまで入っていたのでミニ四駆用としては十分な性能だと思います。



ただ1点気を付けなければ行けないのが1本充電時です。

この充電器の仕様上、1本では3600mAで充電されてしまいます。
ミニ四駆で使う分には2本単位なので大丈夫だと思いますが、ネオチャンプは900mAの容量しかないので3600mAは明らかにオーバーパワーです。
多分Amazon評価にもあるアツアツになった、電池がプシュプシュ言ったなんてことになり得るのでここはしっかり知識として覚えておきましょう!


単純構造だからこそ人の手である程度上手く運用してあげるのが良いと思います。


現場で大活躍してくれそうな充電器だったのでポータブルピットにも余裕で収納

これは良い買い物になりました。

ではまた〜