こんちゃ!

先日ゆとりレーシング007・接点導通剤を購入しました!

これは・・・接点を導通させる液剤ですね?ん?

20210305_105659

007買ってみたものの使い方が分かりません・・・
私と同じで結構分からない方いらっしゃるんじゃないでしょうか?

ということで発売元のゆとりレーシング様に直接質問してみました!
ありがたいことに早速ご回答いただきましたので使い方についてご回答いただいた文面を一部引用して説明しますね~。






「YC-007は主に接点に使用する事を目的として開発されたケミカルです。

この製品、実は元々フェンスカー競技に於いてスタート時のフィルム引き抜き後に接点が接触した際に発生したスパークによりターミナルが酸化してしまう事を防ぐ目的で使用されていた物だったりします」

なるほど、フェンスカーのスイッチって電池に挟んだフィルムを引き抜くという感じなんですね。
かなりシビアな作りだ。
確かに自分のマシンを見ても接点が黒く参加していることがあるし、片軸で接点見える場合に何度かON,OFFさせるとスパークしているのが分かります。




「主な使用箇所としては

===
・電池とターミナルの間
・モーターの端子とターミナルの間
・スイッチ接点
===

を想定しております

(※モーター内部に直接給油するオイルではありません)

特にスパークの発生しやすいスイッチ付近に関しては、何も塗布しない場合と比較してターミナルの酸化が殆ど起こらなくなりますので是非使ってみて下さいませ( ^ω^ )!」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ここで注目なのが
「モーター内部に直接給油するオイルではありません」という箇所。

なんとなくですが昨今、モーター注油がトレンドではありますが、スパークを抑えるからと言ってモーター内部には使っちゃダメなようです。
あくまで接点の酸化防止に使うということなので正しい使い方としてはこれですね。

ちなみに以前YC-006のギアメタルオイルについても使用方法をお聞きしたことがあったのですが、このYC-006は片軸のカウンターシャフト内、そしてギア自体に塗布して使います。
YC-003はベアリングやモーター軸などに使用しています。

が、最近は粘度の高い006の方が使用頻度が上がり、回転数は伸びるけどサラサラで定着しにくい003は最近モーターにあまり使っていません。

粘度の違いで選んでもいいかもですが、好き好きかな。

ただ今回の007接点導通剤はあくまでも導通剤なのでオイルとして何かに挿すのはやめておきましょう。

ゆとりレーシング様、ご回答ありがとうございました!
最近ケミカル類が発展しつつあり素人ではなかなか分かりづらいものも登場しています。
そういうものは時期により多々あると思うのでちょこちょこ調べて書いていこうともいます。

ではまた!