(。・ω・)ノ゙コンチャ♪

最近モーター慣らしをしてたらthunderの表示の上に「〜A」と電力表示が出ることに気付きました。

IMG_-wwem96
↑ノーマルモーターの表示

そこでモーターの消費電力について調べてみることにしました。

まずは手持ちのモーターを調べてみます。

DSC_0117


こんな感じでした!

最初に考えたのは消費電力が高いとブラシの設置面が大きくて電流が沢山流れるのでは?と想像してみました。

ですが...

中にこんなモーターもありましたね。
IMG_z0cc88
16番、超回るけど電力消費でかい・・・実際走行はどうなんだろうか。


前回試走時、最速だった21番ハイトルクモーターはこちら。
IMG_f57m8s
消費電力が低くて回転数はそこそこ。

んー分からんww


5/3Twitterより
モーターに興味が深い人はこのスレッドを読んでおくことをお勧めします。



どうやら無負荷の消費電力が高いとどこかに抵抗がある場合が多いようです。

で、抵抗がなにかと言うともちろんモーター個体差による軸ブレだったりはするんですが、数値でしか分からない要因なのが磁力の強弱による抵抗です。
またなかなか判別できない要因としてはブラシ圧もあります。
これらの要素が重なって消費電力が高くなってしまうようです。

では実際にモーターがどうだったかを確認してみます。

色々なタイプのマッハダッシュを乗せ変えて見ましたが傾向としては...
消費電力が低く回転数が低いモーターはトルク寄り。
消費電力が低く回転数が高いと高回転型寄り。


消費電力が低いと割りと良い印象ですね。
thunderの表記で言うと70A〜80A位は許容範囲のような気がしてます。

逆に消費電力が高くて回転数が高いと熱を持ちやすく扱い難いものが多かったです。
先程の16番モーターは90Aで、走行後急激な熱を発したりする割にはそこまで速い印象もなかったです。
回転数では推し量れない部分ですね〜


今後モーター慣らしをする場合の目安にはなるのかなと期待しましたが磁石の強弱やブラシ圧など個体差を推し量るのが難しいためあまり参考にはならなそうですが、一つの判断基準にはなるかもしれませんので、モーターに興味がある方は数値を控えておくのもいいかもしれません。

私は今回の消費電力の計測で何か掴めそうな気もするのでモーター管理表に一覧を加えようかと思っています。

というわけで今回はちょっと雲をつかむようなお話でしたが参考になれば幸いです。

ではまた!