こんちゃ!

今日は引き続きVZシャーシにおけるB-MAX車の解説をお届けします。

DSC_0455

無加工レギュレーションについて簡単そうに見えますが実は非常に複雑ですよね。
セッティングの基本になることがいっぱいあるので少し書き綴っていきます。





駆動について

基本的に何もしないので写真さえ必要ありませんw
が、リアクラウンが少し減ってくるとプロペラシャフトが上手く噛み合わないことがあるので、その場合はクラウンの裏に小ワッシャーを入れてみてください。
クラウンの個体差によっては異音がする場合もあるので、その時はきつすぎるので外してくださいね。
フロントは好みに応じてやってみてください。(ちなみに私はフロント無加工

オープンマシンのような駆動出し、抵抗抜きはクリアランスをいつも同じに保つための方法ですので破損しにくくなるというのが利点。
無加工レギュの場合は説明書通り、丁寧に作り込めば駆動は全くいじる必要がないのもVZの強みです。

上級者の言う「丁寧に組む」という大雑把な言い方の場合、ほとんどの方が言う意味はグリスを塗るべきところに塗る、ランナー取り外し時のバリの処理を綺麗にするといった意味です。
例えばカーボンクラウンをランナーから切り離した際にちゃんとバリ取りをしないと大きく影響します。

その他にはギアがシャーシと擦れる場所にはしっかりと筆などでグリスを塗布するとかです。
この辺りは普段オープン車に慣れてキット組みしなくなった人たちにはかなり気付きにくい作業かと思います。

物資の面で駆動を語るなら、オープンマシンと同じでクラウンとプロペラシャフトはどんどん消耗しますので予備パーツは多めにもっておく必要があります。





タイヤについて

タイヤについては色々な考え方があるので参考程度にご覧ください。

私が好むのはノーマルなどの柔い素材です。
理由は精度が無くても地面を捉えやすいからです。
当然タイヤの加工やホイールの加工など一切しませんので真円のものなど使用することが出来ません。
転がるタイヤに精度がないと速度的に伸びませんが、柔いタイヤはそのあたりを克服できます。

では硬いタイヤは遅いのか?
そういうわけでもありません。。。

履きたてのローフリなんかは硬すぎて跳ねまわり、噛んで走ってる感じがしませんが少し走行してこなれさせると速度は伸びてくれます。
そして速くなるからローフリなどのローグリップタイヤを付ける訳ではなく、遅くするために付けることもしばしばあります。
姿勢制御だったりジャンプ飛距離を調整するために使用しますよね~。

ローフリが有利な理由として挙げられるのがタイヤランナーに付いていないということでしょうか。

20210604_202822

多くのタイヤはランナーから切り離す作業があるのでどうしても凸凹ができやすくロスが起きやすいです。
中にはランナーに付いていない種類もあるので探してみてください。



気温・湿度について

レースという観点では上記のタイヤ選択に大きく響きます。
先日気温28℃、湿度90%以上の体育館でレースを行ったのですが、想定していたノーマルタイヤではグリップが強すぎて大変なことにw
季節に応じてタイヤは選択するのがいいと思いました。





ギアカバーの押さえについて

VZシャーシやVSシャーシに見られる欠点の一つが「ギアカバー外れ」です。
スタートで地面に置いた瞬間にギアカバーがはじけてしまうってことがあります。
これを防ぐための基本的な策を記載しておきますね^^


基本はVSと同じくギアカバーが外れそうなところへスポンジを挟んであげるだけでも効果があります。

参考サイト
MTM (motor-tec.com)

その他には以前も書きましたがギアカバーの上部にスポンジを貼ってボディで抑え込んでしまうという方法も有効です。

IMG_bvz81t

フロントギアカバー浮きもそうですが、このボディでの固定が出来る形状のものであればリアのギアカバーを同時に抑えることも出来ます。
VZシャーシで言えば現状VQSの形状がフロントカバーとリアギアカバーを同時にしっかり押さえられるので一番マッチしていると言えます。
駆動力アップにも効果があるのでボディ選択にも目を凝らしてみてくださいね!



などなど今回も書いてみました。
これを読んでVZの良さを知ってB-MAXレースでの使用率が上がればいいなと思います!!
まだまだ発見することが多い無加工レギュレーションですのでまた気が付いたところを書こうと思います。

ではまた!