こんちゃ!

今回は大会後のお話。

MDO GPが終わりパワーナインにご挨拶して一路、北へ。
道中もあれこれ話しながら反省会。

DSC_0585

意気揚々と遠征したにもかかわらず特に目立った戦績も残せなかったおじさん二人は帰り道に悔しさまみれで「渡米」

(渡米、使ってみたかったw)

DSC_0603

北上のアメリカンワールドへ寄り道です。
ここのミニ四駆コースはとにかく大きい。
そして独特のセクションもあって面白いんですよね。

DSC_0604

ロングストレートからのアイガースロープ。
ブレーキかけてもぶっ飛んでいきます!

DSC_0606

それを越えて降りると連続スロープからのオリジナル、バウンシングストレート。

DSC_0605

速度とブレーキ間違うとひっくり返ります。

で、走行してみると・・

「ゴロンゴロン」
(転がる音



B-MAXマシンで走行してみたんですが、下りが出来なかった男たちがこの特殊セクションを越えられるわけもなくw

レース後に移動したおかげで気持ちも少しクールダウンしてたのもあり、改めてベテランレーサーからレース後にいただいた修正ポイントを直して走行してみることにしました。


自分の修正箇所はサイドマスダンの取り付け方や取り付け位置などのアイディアでしたが、うまく行って良かったです。
いやぁまだまだ知らないことだらけですね・・・。

Screenshot_20210712-102932


大会記事でも書きましたが今回一番勉強になったのが「気温と湿度」です。

会場はだだっぴろい体育館ではあり換気も出来ていましたが雨も降ってきて室内の湿度が異常に高かった。
気温も昼過ぎから高くなっていきブレーキやタイヤグリップに大きな変化が出ました。

ノーマルタイヤを常用していたのですがこの日のコンディションならローフリで十分だったかもしれませんねーm
これからの夏のレースにおいては重要なファクターになると思います。

それを深く考えるとローフリまでグリップを落とせない小径ローハイトは不利か、いやテーパータイヤなら接地面を減らして走行できるのか、とかいろいろとアイディアが浮かびます。




でも出来れば暑い夏はエアコンが効いたところにいたいと思うw
そういう意味で言うとアメワ最高過ぎるでしょ・・・
エアコン効いててこの大きさのコースあって・・・
でも気温、湿度で言えば一年通して変化がないと考えたらセッティングはその場専用ってことになるかもですね・・・感慨深い。


Jさんは今回不安定で活躍できなかったS2のB-MAXマシンを改良。
もしやチューンモーターでも勝負できるんじゃないかと模索していたので・・・



ここで「俺たちのB-MAX大会」(本日二回目)を勝手に開催しました!!



参加者は二人。
(お客さんも自分たちしか居なかった)

なんと、勝った方が優勝です!!!

お互い自信のあるマシンを選択してアトミックチューンモーター戦で勝負。
(ダッシュだと完走できない疑惑)




結果は・・・

Jさんの勝利!!!優勝おめでとう!!!


・・・
・・



「虚しい」

というわけで短い時間でしたがレースのアフターランも楽しく過ごしました。
おっちゃんたち元気だな・・・w




そういえば今月は7月25日に能代はがさきサーキットでB-MAXレースが行われます。

Jさんは参加するみたいなので今回の遠征が生きるといいですね~

遠征いって一回り大きくなって帰る。
反省ばかりだけどもりもりにモチベーションもらって次を迎える幸せ。
ミニ四駆、まだまだ奥の扉があって楽しいですね。

ではまた!