こんちゃ!

VSに絶対負けたくないわー!と気合入っていたにもかかわらず
「提灯つくるのマンドクセ」
となってしまったダディです。

何か簡単に提灯を作る方法ってないかしら?

というわけで今回はキャッチャーで提灯を製作することにしました。
キャッチャー切って適当に穴開けてとりあえずありもののステー付けたら完成!!

DSC_0993

ハハハ!めっちゃ簡単だったぜ!!
ハサミで切るだけ、なんと簡単な!
ボディも載せてみます。

DSC_0994

なかなかうまく行ったんじゃない!?
キャッチャーで提灯を作ったのが初なんですが、案外ショック吸収は良い!
ただ根元がビロンビロンなので左右に振られたときにどのくらい捻じれてしまうかが心配。

走行してみたらいいね!
連続ウェーブや高速で入ったコーナーで若干ボディが捻じれてる模様。
あとテスト走行で穴付近の擦れが強く出てるかな・・・今のコースだとどーかなー。

ってわけで結局そのあとFRPで仮提灯を製作。
仮ってかこれはこれで完成なのだ。

DSC_0999

自分のキャッチャー提灯がいまいちだった最大の理由はフロントギアカバーの出っ張りを避けられなくてちょっと斜めになっちゃってたんですよね~w

FRPのも普通に提灯作るとサイドに避けるか上に逃がすかなんですが、今回はV字に絞ることで避けました!
これだとカバーを上手く避けて、なおかつボディが低く乗るのでオススメ。

DSC_1001

ね、結構低いでしょ?
このパターンだともう駄目になってたMSフレキ用の実車系ボディを再利用して乗せられそうなので良いね~w

改善するとしたらリフターが必要になった時にどうするかなんだけど、ゴムで多少効いてくれたらいいのでカーボンで再度製作となったときに構造を工夫するかなって感じ。

DSC_1002

正転VZは前に重量物がないのでレーンチェンジが非常に入りやすい!
なのでアンダーローラーなんてもんはこの車両にはいらんのだ!




今自分が考えてる「なんで正転がLC入りやすいか」の理屈。

例えば、FMVZは前にモーターがあるせいか鬼のように対策しても入らない時は入らないですよね。。
最初に壁に当たるときに前に重量があるとコントロールが難しいと思っていて、というのもその場合は速度に対して強度の問題が出てくるからなんですね。
で、その強度を出すと重量が増すわけで余計前に重量物があるFMは悪循環へと堕ちてイキマス・・・。
なので逆振り系や高速LCのようなキツいレーンチェンジだとFM系は苦労しますね・・・。

逆に正転VZの場合は前が軽いのでバンパー強度もそこそこでOK。
つまり強度を出さずに軽く作れるのが利点になりますし、荷重もかかりにくいのでスラスト抜けもそこまで神経質にならなくてよい気がします。
レーンチェンジでも前に重量物が少ないので方向転換しやすく衝撃をいなしやすいのではと考えています。



話は反れましたが・・・正転VZの提灯もある程度形になりました。
速度を出すために駆動系も工夫もしていかなくちゃ!

ではまた!