こんちゃ!


めっきり気温が下がってきまして、もう冬になる・・・そんな気配の11月後半です。
秋田は21日のレース予定が消えてしまったので・・・
岩手の盛岡ホビースクエアにしなのナイトレースに出場することにしました!

年間チャンプが決まる総決算、それがこの20、21日です。
にしなではこれが今季最後のレースとなります。

ポイントはさばやんさんとレオ2号さんが最後までもつれ合い、競り合っていましたし、それに続けと新しいレーサーたちがどんどんと入賞していく。
大混戦のポイントダービーとなりました。

ポイントリーダーの熱い走りを見てきましたが皆さん本当に速くて強いです。
特に他のショップではなかなかないような、にしな独特のリズムを持つコースが多くレーサーたちを悩ませ、成長させてきました。
ロングストレートからの逆振りLCやバウンシングストレート、芝や橋桁に頭ぶつけるスレスレレイアウトなど一年間悩みまくりましたね~w

今回も何やら難所が待ち受けているようですが、最後のレース頑張っていこうと思います!

参加者も様々なタイプのレーサーさんが参加されておりまして、遠野でミニ四駆レースを企画しているようさん、アメワやパワーナインなどでも活躍しているオダシマさん、タケさんにtakayukiさん、上位常連のレオ2号さんにポイントリーダーのさばやんさんなどなど多種多様な個性を放っていましたよ!!

ハイスピードレースの予感・・・!
DSC_0089
(電源忘れて急遽モバイルバッテリーで。一応対応出来て良かった汗)



ではレイアウトです!
20211120にしな
初体験の30度バンクに、みんな大好き白レーンチェンジ(笑
そして最後の赤い枠にある鬼門「LCジャンプ⇒ストレート⇒テーブルトップ」の難易度よ!!
DSC_0058

テスト走行してみましたがなぜか片軸は何度走っても無理でした・・・。
30度バンクに捕まりまくり、白LCでヒヤヒヤw
フレキは余裕で走れたので速度上げてみましたが、LCJの複合セクションでは逆に突っ込みすぎてテーブルトップでやられるという・・・。

今年最後のレースに相応しい高難易度のレイアウトです!

今回の作戦は以前のサブカル会議から内部的に大変更したテスト機のフレキでそのまま出場するので多少不安はありますが、ハードタイヤでグリップを上げて青ブレーキで30度バンクを無理やり通過、勢いだけでLCジャンプを飛び越えるトルクモリモリのモリ男で挑みたいと思います。
(100%強引作戦)

一応練習走行では17.13で走行出来ていたのですが、コースレコードがuskさんの16.66でTOP。
IMG_-2o7kpv

危なげない走行で17.13はかなり良いと思ったし、ボード的にもTOP3位以内に入るタイムだったのでこのくらいを目安にレースは戦えると踏んでのセッティングでしたがどうなることやら。





ではレーススタート!
本日は14名での大会となりまして、予選では1VS1で勝ち上がり、決勝トーナメントは12名進出となります。
まずは勝利して有利なトーナメント枠へ滑り込みたいので最初から全力です。
なんとか一発勝利して決勝へ。

その際に違和感を感じてメンテナンスしていたらなんと・・・

DSC_0091

ギアカバーの爪が破損していてカバーが浮き上がっていました・・・!!
気付いたから良いものの、ギアは浮き、ギアボックス内で破片が動き回っていてガチでヤバかったw

前回のともや杯ではtakayukiさんに負けているのでリベンジ!と思いtakayukiさんとは逆のシード枠へ。
これで勝ち上がれば対決となるので狙っていきましたw

が、まずトーナメントで勝ち上がって来たのはライバルのタケさん・・・ここのでっかい山が。



決勝トーナメント初戦。

タケVSダディ!

ほぼ同じ初速、そして伸びで並走するもタケさんが残念ながらCO。
タケさんは調子よさげだったのでかなり不安な気持ちになっていたのでピットで「いくぞぉ!ヴォイヴォイィウォイ!」と声を上げていたんですが俺のせいで今日の皆さんの掛け声が「輩(やから)」的な悪そうな声援になってしまいw
単走でなんとか勝ち上がり!いつも僅差になることが多いのでさすがの速度でした~

準決勝で勝ち上がってきたのはあのオダシマさん
オダシマVSダディ!
パワーナインや北上アメワの強者です。
練習では30度バンクや白LCで苦しんでいたので速度域的にどんな勝負になるのか想像がつきませんでしたが、フル充電の全力よりはかなり落として「入る」セッティングで挑む・・・が。
スタートして速度域的には予想通りの展開でしたが1周目テーブルトップで謎のバンザイジャンプをしてCOをしてしまいました・・・もう少し一緒に走っていたかった・・・。
まだまだですね・・・。


3位決定戦は準決勝敗者同士の決定戦。
レオ2号VSダディ!
いつも手合わせしていただくレオ2号さんに勝って今年のにしなを締めくくりたい!!
2号さんは予選から凄まじい速度が出ていたので入れられたら終わりの度胸試しとなりましたが、さすがに速すぎたのかレオ2号さんの豪快なCOで決着!なんとか3位で順位が付きましたw



決勝戦はオダシマ VS TTBセール!
振り返れば決勝2台どちらもド安定のセッティングで、今日の勝因はこれだったのかーとかちょっと思ってしまったw
オダシマさんは平面がすこぶる速いけどブレーキで完全に抑え込んでて、その分30度バンクでややこしくなっていた様子。
TTBセールさんは安定感のある速度域を保っており毎回相手が速すぎて飛んでいくパターン。
正解はここにあったのかも・・・汗。

決勝スタート!
序盤からオダシマさんの平面速度が活きて大きく引き離し、安定走行のセールさんのマシンも負けじと追走。
どちらもCOしないと思われた2周目でセールさんが痛恨のCO。
オダシマさんは絶対コースアウトしない自信を感じる走りでそのまま逃げ切って単走ゴール!

優勝はオダシマさんとなりました!
おめでとうございます!!


決勝トーナメント表⇒
IMG_20211121_003825

11月ホビースクエアにしなナイトレース⇒
・リザルト
1位 オダシマ
2位 TTBセール
3位 ダディ

(4位 レオ2号)
となりました。
DSC_0098

オダシマさんの走りを見ていれば納得出来る勝利だと思います。
セッティング時間が限られた中、現地で細やかなセッティング変更をして見せたその実力にはただただ脱帽でした・・・。
前回お会いした際もB-MAXレースでの予選は激しく飛び散らかしていながらも本番までにコースに合わせてくる、そしてその合わせ方も他のどのレーサーよりも独特でオリジナリティがあるなーと感心していました。

ちなみにオダシマさんはFORCE LABのB-MAX全国選手権大会でパワーナイン代表で出場されてた方ですよ!あの最終組のレースはレベル高くて凄かった・・・。
ブログも見て下さったことがあるということで嬉しい限りです!



オープン戦の次は祭りじゃー!
恒例のタイムアタックスタートです!

今回は飛ばせばどこまでも飛ばせるレイアウトなのでみんな激しく行ってましたね!w
タイムアタックボードのTOPはuskさんの16.66なのでどこまで食い下がれるかの戦いです。
自分は練習では17秒切れなかったのでなんとか自己新までは届くようにしたい!

TA中盤、予想通りuskさんが16秒台を記録。ウォーまじかw
usk16.68

これは一発狙うしかない!

ということで今日一番このコースに合うモーターを片っ端から探そうと思い、持ってきたマッハダッシュ6~7個から順番に試して何個目かで「これだ!」というあたりを感じたのでブレーキ抜いて無理やり走行。
そんなこんなで時間ギリギリ。

「uskさんをブチ抜いてくるぜ!」とかなんとか言いながらコースに消えていったダディですが・・・

最後の一走でなんとuskさんと0.01差の16.67を出してタイムアタック1位を奪取しました!

DSC_0104
今までのフレキでは伸び幅がある半面、速度は出ているものの出足が遅くショートコースでは何度も負けていましたし、特にタイムアタックは苦手意識があったのでこれは単純に嬉しかったですw

TA1位の景品で新潟産コシヒカリ1kgを頂きましたw
DSC_0105
食い物なら文句ないだろ!これで家族も喜んでくれはず!!w




そして気になる2021年の栄えあるオープン年間チャンピオンが決定・・・

年間チャンピオンは
さばやんさん!

今季、本当に速くて強かった!一緒に来ていたちびっちさんに阻止されることもあったのですがw後半はポイントリーダー同士の戦いを征しビシッと決めてくれました。
おめでとうございます!

ちなみに私のポイントは4ptで8位タイ。
もうちょい通ってポイントもらいたかったけどなかなか出来なかったのもあり。
どうしてもスポット参戦が多いのでたまに出てくるお邪魔虫になれるように頑張りたいと思いますw

タイムアタック部門は12月TA結果によって左右されるらしいのでそのまま延長となるようですが、チューンクラスのタイムアタックはレオ2号さんが無双しているので確実。
ダッシュ部門はまだまだ混戦のようです。

ちなみに来季からはタイムアタックボードにB-MAX部門が新設される予定だそうで、今後にしなでもB-MAXを製作する人が出そうな感じです!
(B-MAX主体のレースは今のところないとのことです)

始めたばかりの人たちも取っつきやすいので環境的に何か変化が出ればいいなーと思います。
DSC_0101
これから雪の季節になりますので気軽に遠出はし難くなりますが、こうした腕試しのレースには積極的に出場しようと思います。

ではまた。